鉄道ファンの聖地 ~書泉グランデ~

鉄道ファンなら知っている、そして鉄道ファン以外にも是非行ってもらいたい!
「鉄道ファンの聖地」と呼ばれる書泉グランデ6F鉄道フロアに行ってきました!!
1
エレベータを降りると目の前にグッズコーナーが!
このコーナーは不定期で変わります。今はこちらの『500 TYPE EVA』!
エヴァ新幹線『500 TYPE EVA』は、「エヴァンゲリオン」の監督である庵野秀明氏の監修と、メカニックデザイナーである山下いくと氏の車両デザインによる特別仕様車です。
入り口からドキドキがとまりません!!

2
横手にはガチャガチャコーナー。
『鉄道コイン鐵C(テッシー)』にはなんと「書泉限定コイン」が!(写真右の2台)
3
続いて『鉄道ファンのためのスマホケース』。一番人気は北斗星!
4
書店には珍しい「大特価販売中!」の文字があります。ネコ・パブリッシングの絶版本が置いてあります。

ここまででも十分に楽しめますが、ここからいよいよ書籍コーナーへ!
5
書店なので本で埋め尽くされているのは当然ですが、右を見ても、左を見ても鉄道・鉄道・鉄道!!!

6
新刊話題書コーナー。
7

4月29日にオープンした、話題の京都博物館コーナーもあります。

8
新刊だけじゃない!「鉄道フロアのオススメ」が知りたいですよね。
『由利高原鉄道株式会社 30年のあゆみ』のような歴史の重みを感じさせるような本から『未成線ガイド』などなど様々なオススメが並びます。
『鉄道員のぶっちゃけ話』とか……気になる!!

9
そして、定番の『時刻表』コーナーへ。
定番なんですが、ここで“鉄道の聖地”の真髄を見ました!
それがこちら、「道内」時刻表に……「貨物」時刻表……まだまだあります。
何の時刻表があるかは、行って確かめてみてください!

10
どんどん先へ行ってみましょう。

11

漫画にライトノベル。
 12
撮影地ガイド。

13

ローカル線コーナー。
……あれ?『ローカル線で行こう!』って??確かにローカル線つながりではありますが、ここに置くの?不思議に思って聞いてみると、「デコボコ感も大事にしてるんです!ファンの人は決まったコーナーに行くことが多いから、そんな人たちにも新たな発見をして欲しいんです!」(広瀬さん)との答えが。
なるほど~。こういうところにも工夫を張り巡らせてるんですね。
ただ、たま~に「これはここじゃないでしょ!?」と言われることもあるとか(笑)。

14
「駅スタンプ台紙」があります。あれ、見たことない……。
販売元をよく見てみると、「株式会社 書泉」の文字が!
こちらはオリジナル商品なんです。
実際に使ってみると、にじまないし、すぐに乾く優れもの!スタンプ集めがお好きな方は一度お試しください。
15

「“鉄”分補給! 俺の書泉グランデ」の企画コーナー。

16
海外のコーナーには中国や韓国の時刻表も並びます。

17

雑誌バックナンバー。人気の号はすぐになくなるのでお早めに!
18

こちらでは鉄道写真が買えます。
全国津々浦々の鉄道写真をゲットするチャンスです。

他にも書籍コーナーにはいろいろあるのですが、特に気になったのがこちらです。
19

この本を持っている!という方は相当レアかもしれません。
美しい装丁に充実した内容のこちらの本。じつは、同人誌なんです。
『ジャカルタを走る日本の電車』(右側)は現地におもむいて撮った写真が満載!
いや~、これぞ鉄道ファン!
こういった同人誌までを網羅する。これが「書泉グランデにない鉄道本はない!!」とまで言われる所以なんでしょうね。

 

まだあるの?と思っているそこのあなた!(えっ?いない?)まだまだ続きますので、お付き合いください。続いてグッズコーナーです。

20
素敵なグッズが所狭しとあります。
特に人気なのがこちら!じゃーん!!

21
“つり革”です!
ただの『つり革』だとわかってはいるのに、なぜでしょう……手が勝手に……。
記念に1本だけ持つもよし、何本も買って部屋をカスタマイズするもよし(笑)。
IMG_2907

『三岐鉄道 旧券詰め合わせセット』このセット商品は書泉グランデにしかありません!
23

『寝台特急カシオペア ヘッドマーククッション』こちらはなんと実物大!

お次は食品コーナーへ。
24

やはり、ありました!『銚子電鉄ぬれ煎餅』。週1のペースで買いに来る方もいらっしゃるようです。
25

そして最後はDVDコーナーへ。
こちらもまた品ぞろえがすごい!
26

メイン平台ではお薦めのDVDが流れています。
今は『鉄道基地 東京メトロ』です。
27

いや~満喫しました。
今回は全体をご紹介させていただきましたが、まだまだ書泉グランデの奥は深い!
「このコーナーをもっと知りたい!」という方はお問い合わせからどうぞ。

広瀬さん、ご協力ありがとうございました。28

書泉グランデとは──
神保町駅から徒歩1分。
書泉グランデは昭和23年創業の老舗書店「書泉」の本店。鉄道、アイドル、格闘技(プロレス)、乗り物、ミリタリー、アウトドア、ボードゲーム、精神世界などの、趣味人に向けた専門性の高い書籍を豊富に取り揃えている。中でも6Fの鉄道フロアは”鉄道ファンの聖地”とも呼ばれ、書籍のみならず、鉄道部品やグッズの販売など鉄道ファンならずとも見ているだけで楽しめるフロアとなっている。7Fのイベントスペースではアイドルイベントを始めとする各種イベントを多数開催!
詳細はコチラから⇒https://www.shosen.co.jp/grande/

 

(取材・文 / 荒木みか)

 

〔おまけ〕
6Fと5Fの間にこんなコーナーが!
あなたの鉄道自慢をぜひ書いてくださいね。ノートには鉄道自慢がぎっしりあります。
29
30

このページの上へ