【書泉グランデ】今週のオススメ Vol.6

鉄道をこよなく愛する皆さまへ、
そして、これから鉄道に関するあれこれを知りたいと思っている皆さまへ贈る、
書泉グランデ∞鉄道王コラボ企画。

書泉グランデ・鉄道フロアからお届けする『今週のオススメ』!!

6回目に選ばれたのはコチラ!
IMG_4274
『北海道の廃駅2016』オリバインシティ)
2016年3月26日、北海道の大地に念願の新幹線が到達しました。しかし、その一方で利用者の極端に少ない8つの駅が廃止となり、姿を消しました。それらの駅のほとんどは、「1日の平均利用者が1人にすら満たない」という駅でした。そんな中、「10年後には世界的に有名な鉄道旅行家になる」ことを目指し鉄道旅行を続けているわたくし山田将史が、3月21日から最終日25日までの5日間をかけてそれら8駅を全て訪問し、写真という形で廃駅の最期の姿を記録しました。そして、それらの写真を蛇足ながらわたくしの訪問日記とともにまとめて編集し、写真集「北海道の廃駅2016」ができあがりました。

──今回のオススメポイントは何でしょう。

北海道新幹線開業の裏で、消えていった駅の最期の姿を知ることができます。大きな写真を使っていて写真集としての見ごたえもあります。
北海道の広大な景色の中にひっそりと佇む駅の独特の魅力を楽しんでもらいたいな、と思います。
あと内容も良いんですが著者がおもしろいです! この本の帯で「10年後には世界的に有名な鉄道旅行家になることを目指します」と自分で宣言するなんてすごいですよね。著者がどうなっていくのか気になります! この同人誌が10年後にすごい価値がついていたりして(笑)。
北海道の鉄道と著者が魅力の1冊です。

──開業の裏で失われていくものがあるのは寂しいですね。どんな駅だったのか、この本で知って覚えている人が増えるといいですよね。
廃駅の寂寥感ただよう雰囲気とイケイケな著者のギャップが激しい1冊でした(笑)。

 

広瀬さん、ありがとうございました。
28 

【書泉グランデ】
神保町駅から徒歩1分。
書泉グランデは昭和23年創業の老舗書店「書泉」の本店。鉄道、アイドル、格闘技(プロレス)、乗り物、ミリタリー、アウトドア、ボードゲーム、精神世界などの、趣味人に向けた専門性の高い書籍を豊富に取り揃えている。中でも6Fの鉄道フロアは”鉄道ファンの聖地”とも呼ばれ、書籍のみならず、鉄道部品やグッズの販売など鉄道ファンならずとも見ているだけで楽しめるフロアとなっている。
⇒ https://www.shosen.co.jp/grande/

 

(取材・文 / 荒木みか)

 

このページの上へ