【書泉グランデ】今週のオススメ Vol.7

鉄道をこよなく愛する皆さまへ、
そして、これから鉄道に関するあれこれを知りたいと思っている皆さまへ贈る、
書泉グランデ∞鉄道王コラボ企画。

書泉グランデ・鉄道フロアからお届けする『今週のオススメ』!!

7回目に選ばれたのはコチラ!
01
『賛歌 千頭森林鉄道』(文芸社
大井川鐵道本線終点と井川線の起点で有名な千頭ですが、1968年(昭和43年)までこの付近に『千頭森林鉄道』という路線がありました。
東京営林局千頭営林署が運営していた森林鉄道なのですが、その『千頭森林鉄道』を知ることができる貴重な本が発売されました。
林野庁出身で千頭営林署に勤務した経験のある谷田部英雄氏が、自身の持つ貴重な資料と写真を中心にまとめあげた渾身の一冊です。

──今回のオススメポイントは何でしょう。

森林鉄道って今はもう日本国内で見ることはできなくなりましたが、昭和40年代までは日本中、いろいろな場所にあったんですね。
この本をご覧いただくと当時の森林鉄道の空気や現場で働く人々の姿がよくわかると思います。
このあたりはやはり、実際に林野庁に勤務されていた方ならではです。

02

──大井川鐵道の井川線も森林鉄道の雰囲気がありますが、この本を見るともっと別の世界が広がっていたことがわかりますね。

そういう意味で資料性は極めて高いと思います。
ナローゲージファンならずとも楽しめることでしょう。
それと、これだけは言っておかなければいけないのですが、じつはこの本、現在店頭にある在庫限りなんですよ。
限定商品で、ウチも現在店頭に平積みしてある分だけ、何とか仕入れることができたような状況です。
在庫も少なくなってきてしまっているので、もしかして売り切れてしまっていたらごめんなさい(笑)。

――それは大変だ! 早く確保しておかねばいけませんね。ところでこのような本はどこで見つけてくるのですか?

独自のルートやつねにアンテナを張りめぐらせて情報をキャッチしています。
新聞の地方版に書評が出ていたとか(笑)。
そういう小さな情報でも漏らさず見つけたらこちらからコンタクトしたりします。
今後もこのようにレアな本もどんどん取り揃えていきたいと思っています。

 

広瀬さん、ありがとうございました。
28 

【書泉グランデ】
神保町駅から徒歩1分。
書泉グランデは昭和23年創業の老舗書店「書泉」の本店。鉄道、アイドル、格闘技(プロレス)、乗り物、ミリタリー、アウトドア、ボードゲーム、精神世界などの、趣味人に向けた専門性の高い書籍を豊富に取り揃えている。中でも6Fの鉄道フロアは”鉄道ファンの聖地”とも呼ばれ、書籍のみならず、鉄道部品やグッズの販売など鉄道ファンならずとも見ているだけで楽しめるフロアとなっている。
⇒ https://www.shosen.co.jp/grande/

 

(取材・文 / 神田勲)

 

このページの上へ