【JR九州上場】鉄道会社の株を買う楽しさ

みなさんこんにちは。

当サイトの管理人ぷぅやんです。

みなさんもニュースなどでご存知かと思いますが、本日(10月25日)JR九州の株が東証1部に上場しました。

JRグループの上場としては東日本、西日本、東海に次いで4社目となります。

車両デザインに水戸岡鋭治氏を迎え、オリジナリティーと夢のあふれる列車を運行し人気を博しているJR九州の上場は、株式市場にも大きな期待感がありました。

jrk

9時36分に売り出し価格2600円を500円上回る3100円で初値がつきました。

そして最高値は3120円まで上昇したものの、終値は2990円になったとのことです。

とはいえ最安値の2908円であっても売り出し価格より308円ついているわけでして、仮に100株買えた方なら単純計算で30800円儲かったわけですよ!

これが1000株、10000株だとしたら……。

投資家さんも大喜びでしょう。

 

さて、そのような生々しい話は置いておいてもですね、鉄道ファンにとって鉄道会社の株を保有することはいろいろと楽しいことがあります。

まずはほとんどの会社で発行される『株主優待券』ですね。

保有株数にもよりますが、無料で全線に乗れる優待券をもらえたりします。

 

この他にも系列のホテルや旅館、レストランの優待券、デパートの商品券など、うれしい特典がたくさんあります。

そして何より楽しいのは「株主総会」に参加できることです。

私も保有していたことがあるので、何度か出席させていただいたことがあります。

今回のJR九州もそうですが、鉄道会社って鉄道以外にもいろいろな事業展開をしているんですね。

そんな知られざる事業の収支報告も聞けたりして、面白かったです。

何と言っても「鉄道会社の経営に参加している!」という実感が持てて楽しいんですよ。

もちろん株式はギャンブルの要素も強いので、損をすることもあります。

しかし、鉄道ファンであれば、それも気にならないのではないでしょうか。

一生懸命がんばっている職員の方々を影で応援できるのは株主ならではです。

 

鉄道会社を投資の対象として見る一般投資家より、むしろ鉄道ファンこそ鉄道会社の株主であって欲しいと思います。

みなさんも鉄道会社の株主になってみませんか?

 

文・写真/ぷぅやん

《ぷぅやん》
本名=神田勲。当サイトの管理人。幼少期から鉄道好きで、撮り鉄歴40年以上。プロカメラマン・編集者として活動しつつ、中国の現役蒸気機関車を追い続け、作品をYouTubeやDVDで発表。2016年5月、キャリアの集大成として当サイトを立ち上げた。

このページの上へ