【消える風景】上野駅回送のバック運転

 

北海道新幹線の開業に伴い、『寝台特急カシオペア』が廃止となります。

それに伴い、珍しい光景も1つ消えてしまいます。

 

上野駅から出発する『寝台特急カシオペア』ですが、上野駅の隣にある尾久客車区から出発前に回送されます。

 

ところが上野駅では牽引する電気機関車の入れ替え作業ができないので、現在この区間はバックで運転されるのです。全国的に見ても、このような形で回送が行なわれる場所はありません。

 

客車の先端に係員が乗務し、前方の安全を確認しながらゆっくりと走行します。

以前、東北本線や上越線関係の寝台列車が全盛の時代は、夕方になると次々とこの回送が行なわれていましたが、今では『寝台特急カシオペア』のみです。

 

こんな珍しい光景が見られるのもあとわずかです。

寂しいですね。

このページの上へ