【激レア路線】300円で『500 TYPE EVA』に乗れる!?

 

管理人ぷぅやんです!

 

『博多南線』と言う路線をご存知でしょうか。
JRの博多駅から博多南駅までのたった一駅を走る路線なのですが、ここはとても特殊な路線なんです。

09
使われているのはなんと新幹線の車両なんです。

10
不思議に思う方も多いと思いますが、この区間は新幹線の博多から車両基地までの区間なんです。
じつは博多南駅とは博多総合車両所の一角にあるんです。
このエリアは博多のベッドタウンになっており、「回送車両を空で走らせるよりも、お客さんを運んでしまえ!」というコンセプトで1990年にオープンした路線なんです。
以前からこの路線のことが気になっていたのですが、先日、博多に行く機会があり、乗車してみることにしました。
新幹線の線路を通るのですが、扱いは在来線です。

在来線扱いであっても新幹線の車両ですから、博多駅の乗り場は新幹線ホームからになります。
切符は新幹線の券売機で買います。

08

券売機の隅っこに『博多南線』と書かれたボタンがあるので、そこを押して切符を買います。
料金は乗車券と特急券あわせて300円。

ちなみに特急以外の列車はない、特殊な路線でもあります。

 

博多駅の入り口にも控えめに表示されているだけなので、言われなければ気づかない人も多いかもしれません。

07

新幹線に乗る時と同じように新幹線ホームに入って、列車を待ちます。

 

電光板で博多南行きの列車が表示されます。

03

やってきたのは500系新幹線で、話題の『500 TYPE EVA』。

 

エヴァンゲリオンの色に塗られた人気の車両ですね。

02

01

12

もちろん『500 TYPE EVA』でも300円で乗れてしまうのです。

 

一つだけ残念なのは乗車時間が非常に短いことです。

 

たった一駅なので10分足らずで到着してしまいます。

13

06

ご覧の通り博多南駅のホームは博多総合車両所の一番端にあります。

05

わずか10分足らずの旅ですが、300円で『500 TYPE EVA』の旅を楽しんでみませんか。

[ぷぅやんレポート]

 

 

執筆者:神田勲

《ぷぅやん》

当サイトの管理人。幼少期から鉄道好きで、撮り鉄歴40年以上。プロカメラマン・編集者として活動しつつ、中国の現役蒸気機関車を追い続け、作品をYouTubeやDVDで発表。2016年5月、キャリアの集大成として当サイトを立ち上げた。

このページの上へ