線路の幅の話

みなさんこんにちは。

管理人ぷぅやんです。

突然ですが線路の幅って気にしたことありますか?

1

気にしたことはないかもしれませんが、たとえば電車を待っている時、「あれ? ここの電車の線路はなんだか幅が広いな」とか思ったことがある人は多いんじゃないでしょうか。

あれは錯覚ではありません。

電車の線路って、幅がみんな同じではないんです。

専門用語で線路の幅のことを「軌間(きかん)」と言いますが、たとえばJRの在来線の軌間は1067㎜、新幹線は1435㎜なんです。

3

パッと見ただけで「新幹線の軌間は広いな」と感じていた人も多いのではないでしょうか。

日本においてはJR在来線と同じ1067㎜が一番ポピュラーとなっていますが、じつは世界的にはそうではないんです。

世界的に見ると新幹線と同じ1435㎜が一番普及しているのです。

この1435㎜の規格は「標準軌」と呼ばれており、それより広い軌間は「広軌」、狭い軌間は「狭軌」と呼ばれます。

ここで面白い話があります。

日本の中古車両を海外に譲渡することがありますが、多くの場合、微妙に線路幅が違うことが多いです。

そのような場合、台車も幅も変える必要があるんです。

myan01

大量に譲渡されている東南アジア諸国は1067㎜ではなく1000㎜(通称“メーターゲージ”)なので、少し幅を狭くする改造をしています。

ところで、なんでこのようにいろいろな線路幅が存在するのでしょうか。

一般的に軌間が広いほうが車体が安定し、高速で走ることができると言われています。

また、軌間が狭いほうが、きついカーブをつくることができると言われています。

4

それはその地域の事情や鉄道会社の複雑な事情があるのです。

このあたりのことは、またいずれお話していきましょう。

 

文・写真/ぷぅやん

《ぷぅやん》

本名=神田勲。当サイトの管理人。幼少期から鉄道好きで、撮り鉄歴40年以上。プロカメラマン・編集者として活動しつつ、中国の現役蒸気機関車を追い続け、作品を YouTubeやDVDで発表。2016年5月、キャリアの集大成として当サイトを立ち上げた。

このページの上へ