【ぶらりオーストリア】やっぱりSL

どうも、みかんです。
今日もぶらりと一人旅。今回はオーストリアからお届けします。

国立オペラ座に、シェーンブルン宮殿に、スイーツ好きの私としてはカフェ・ザッハーにも行きたいし、モーツァルトの生家も見たいし……。さまざまな“美”がつまった国、オーストリア。誘惑はたくさんありますが、オーストリアに来たら絶対に乗りたい! ということで、ツィラータール鉄道に乗ってきました!

ツィラータール鉄道(Zillertalbahn)はオーストリアチロル州のイェンバッハ(Jenbach)からツィラータール(ツィラー渓谷)を走り、マイアーホーフェン(Mayrhofen)までをつなぐ全長約32kmの路線です。
01
こちらは観光シーズン中、1日2往復走っている蒸気機関車です。
なんだかレイルが狭く感じませんか? じつはツィラータール鉄道は760mmの狭軌鉄道なんです。
オーストリアには狭軌鉄道がまだ数多く残っているんです。 

02
最高時速は35km。どこまでも続く牧草地や自然の中をゆっくりと走ります。
車内では、子どもたちものんびりしてますね。

 

イェンバッハ駅では他にもオーストリア連邦鉄道(ÖBB)とアーヘンゼー鉄道(Achenseebahn)が発着します。なんと3鉄道とも軌間が違うんです。それぞれÖBBは標準軌の1435mm、アーヘンゼー鉄道は1000mm。

〔アーヘンゼー鉄道〕
イェンバッハから、アーヘン湖畔にあるゼーシュピッツ(Seespitz)に至る、オーストリアで最も古いアプト式の登山鉄道です。

3路線を乗り比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

ぶらりオーストリア、楽しんで頂けましたか?
それでは今回は、ÖBBとともにお別れしましょう。
オースリア場所不明 

文:みかん

《 みかん = 荒木みか 》
映画・アニメ・漫画・本が大好き。突発的に海外に飛び出す癖(へき)がある。鉄子歴1ヵ月。

 

このページの上へ