台湾鉄路管理局の自強号(1編成)が、金色の『日光詣スペーシア』デザインに変更!

東武鉄道と台湾鉄路管理局は、2015年12月18日に友好鉄道協定を締結し、両社の特急車両への共通デザイン記念エンブレムの提出、特急『りょうもう』号(1編成)の台湾自強号『普悠瑪』デザインへの変更、相互乗車券交流サービスを実施してきましたが、2016年10月3日(月)より、台湾において台鉄自強号1編成が当社の金色の『日光詣スペーシア』デザインにラッピングされ、運行開始されます。

日台における観光交流人口の増加を図るための連携施策第3弾である今回の企画は、自強号のラッピングデザイン変更にあわせ、共通デザインの記念エンブレムを、台鉄自強号『日光詣スペーシア』デザイン車両、および東武鉄道の『日光詣スペーシア』に提出します。

  • 運行期間:2016年10月3日(月)より約6か月
  • 運行区間:台鉄 潮州~台南~台中~台北~花蓮~台東間
  • 編成:E10000型機関車+12両の客車+E1000型機関車

詳細は東武鉄道公式情報(下記URL)をご確認ください。

http://www.tobu.co.jp/file/pdf/c38954043fc2b638003d25d840462efb/160928_3.pdf?date=20160928122728

A friendship railroad agreement of Tobu Railway and Taiwan Railway was concluded on December 18, 2015. After then Tobu Railway has changed the design of Ryomo express same as the express of Taiwan Railway.

And since October 3 Taiwan Railway has started to use same design as Tobu’s Specia.

This plan is the 3rd cooperation policy to plan for increase of the sightseeing exchange population in both countries/

Movement period: From Monday, October 3 2016, about in 6 months
Movement section: Stand iron Between Chaozhou-Tainang-Taichung-Taipei-Hualian-Taito

 Tain :E10000 type locomotive + 12 passenger car +E1000 type locomotives

東武鉄道 「日光詣スペーシア」

東武鉄道 「日光詣スペーシア」

台鉄自強号 ラッピングデザイン変更イメージ

台鉄自強号 ラッピングデザイン変更イメージ

このページの上へ