動画!西武多摩川線・線路の上のSF鉄塔と白い電車

武蔵境駅〜是政駅を走る単線、西武多摩川線。他の西武の路線と直接の接続がない孤立路線です。そして西武なのに電車の色は白。前身は多摩鉄道で、1922(大正11)年に開通しました。多摩川の砂利を武蔵境駅へ運んでいました。

スクリーンショット 2017-04-18 16.35.04

武蔵境駅の次、新小金井駅先の最初の歩道橋(いちご橋)を越えたあたりです。線路の上に大型の門形鉄塔が立ち並びます。まるで未来からのタイムトンネル装置のように見えます。

この鉄塔は1967年(昭和42年)頃、東京電力が設置したもの。高さは30〜40m。土地と工期を節約するため、線路上の空間に送電線を引いたといわれています。

↓動画は、いちご橋から見た武蔵境行き列車。

このページの上へ