【ニュース】『メトロおさんぽ号』で梅まつり!

300本の梅が楽しめるため、毎年、約40万人の方が訪れることで有名な湯島天神の『梅まつり』(2月8日(月)〜3月8日(火))。

この『梅まつり』の開催に合わせ、小田急電鉄と東京メトロでは、2月20日(土)、21日日、27日度、28日(日)の計4日間、沿線の名所巡りなどに便利な臨時特急ロマンスカー『メトロおさんぽ号』が運転されます。

 

土日休日の午前中、東京メトロに乗り入れるロマンスカーは、7:22本厚木発、北千住行きが1本あるのみですが、『メトロおさんぽ号』は小田原9:11、本厚木9:45、町田10:01、新百合ヶ丘10:13、成城学園前10:25、表参道10:39、霞ケ関10:47、大手町10:52、湯島10:57、北千住11:09というダイヤで、ちょっとだけ朝寝坊しても乗れるダイヤになっています。

 

また、『メトロおさんぽ号』とあわせて『小田急東京メトロパス』を使うともっとお得です。

『小田急東京メトロパス』とは、小田急線発駅から代々木上原駅までの往復に加え、小田急線代々木上原駅〜新宿駅間と東京メトロ全線が1日乗り降り自由となる乗車券です。

 

さらに、『小田急東京メトロパス』を持っていると、沿線の美術館、遊園地、飲食店などの対象施設で特典や割引サービスが受けられます。

もちろん使われる車両は東京メトロ乗り入れ専用のMSE60000形です。IMG_0312さあ、『メトロおさんぽ号』に乗って、春の足音を聞きに行きましょう!

このページの上へ