【潜入】ホビーの王様!?

鉄道模型の世界を覗いてみよう! 

潜入したのはコチラ!ポポンデッタ秋葉原店です。
2
じつは鉄道模型と聞いてもイマイチはっきりとイメージできない……。
ということで、ポポンデッタB1階から4階までを徹底リポートします。

では、早速1階から出発進行~!
1
よくわからないけど高そうとか、興味はあるけど何から集めたらいいのかわからないという人も多い鉄道模型。1階はそうした人たちにも簡単に始めていただけるようにとNゲージの入門セットが並びます。
31
秋葉原は土地柄、コアなファンが多いような気がするんですが?
「確かにそうなんです。けれど鉄道模型を多くの人に手軽に始めてもらいたいという思いがあるんです」(谷山)
ポポンデッタの企業理念『鉄道模型のもつ楽しさをより多くの人にお届けする』を実践しているんですね。
1階にグッズが置かれているのもお父さんや子どもがジオラマを走らせている間、お母さんも楽しめるようにという思いが込められているんですって。
模型はちょっと……と思う女性でも楽しめるグッズがそろってます!
5
グッズのご紹介はコチラで⇒『”鉄”気分をグッズで!』
2
1階には他に2両からのセット売りがあります。
この2両があればレンタルレイアウトですぐに自分の鉄道を走らせることができますよ!

それでは、レンタルレイアウトのある2階へ!
27
じゃ~ん!
思っていた以上に大きなジオラマです、迫力がすごい!!
1時間ごとのレンタル制で自分のジオラマを走らせることができます。
レンタル車輌もあるので手ぶらで来ても大丈夫ですよ。
25
26
ディテールまでしっかりと街並みが再現されています。
あれ??見たことのある建物がありますね、何だったっけ?
あっ!秋葉原の●●ですね!あっちも●●
なんと、店舗ごとにその土地に合わせたジオラマが置かれているんですって。
発見するのも楽しいですね~。
秋葉原店はどんな建物があるのか、●●が気になる方は、ぜひ見に行ってください!
24
では走らせてみましょう!……ダメ??? なんで!?
まだ紹介が残っているって……ちょっとくらいいいじゃないですか! 
1周だけ! ねっ! 
…………………………(泣)。

「19時からは照明が半分落とされ、夜景モードを楽しむこともできます。昼間の雰囲気とはまた違った味わいがあります!! 土日は朝から晩まで行列ができるのでご予約はお早めに!」(谷山)

谷山さん進行していただいてありがとうございます。

気をとり直して。
2階にはジオラマ作成用の素材なども販売されています。
オススメはコチラの「下地用液状パテ」。
パテの役目もある塗料でデコボコも埋めてくれて、しかも塗装もできる2度手間にならない便利な商品です。
30
夜景を自分でもやりたいという方にはコチラのLED照明システムでお手軽に始められます。
28

続いて3階に行ってみましょう。
Nゲージの新品車輌が並んでいます。
完成品としてでているのはKATO・TOMIX・MICROACE・グリーンマックス・ポポンデッタの製品。現状で3500車種ほどあります。
自分の好きな電車を見つけましょう! 

「通勤電車」に「新幹線」「特急列車」「古い電車」……。
23
22
一気に実車と同じような10両編成を買うのは大変なので、いくつかに分けて購入できます。「先頭車+モーター車」の基本セットから初めて、そこから増結していきましょう!
20
やはり愛着がある地元の車輌を欲しがる人が多いようです。
最近では私鉄や地下鉄も人気だとか!? 
「地下鉄を走っている電車がそのまま東急に入っていくとか、京急に入っていくことで子どもの夢が膨らむんだと思います」(谷山)
そういう乗り入れを含めた楽しみかたもあるんですね。
19
こういう貨車を好きな方も多いですよね。
「7070番をカートンでくれ!」とカートン買いする方もいて、2階で何十両もつなげて走らせている姿は「うぉ~~」と歓声が上がるほどの圧巻です!
21
ポポンデッタオリジナル貨車を発見しました。

需要が多いというパーツも数多くあります。
電車のパンタグラフやライトが壊れた時の修理用部品などなど、一気にコアな世界に突入です。
18
行先シール。車輌セットの中にも入っているようですが、自分の好きな行き先にしたいですよね。
17
16
こちらのメーカーのステッカーはなんと実物の1/150スケールを忠実に守っています。
廃車になった時にその部品を買い取り、そのままスキャンしたものです。
まさにこの字体!
ただ模型はある程度デフォルメされているので、忠実に1/150だとはまらないことがたまにあるのが困りものです(笑)。

お次は4階です。
この階には鉄道模型に関連するすべての中古品が用意されていて、買い取り商品もここに置かれます。
いつ入荷するかわからないので毎日チェックしに来る方の姿も!
13
入荷した商品が置かれる棚。今日はまだ残っている方ですね。
一瞬にして売れてしまう時もあります。

「ジャンク車輌」と呼ばれる単品車輌中古品。
中には新品同様のものもあります。
ボロボロな車輌でもパーツだけを使ったり、鉄道模型を楽しむならば避けては通れない“深み”への道がここにあります。
12
中古品の鉄道のおもちゃもあります。
バンダイの「Bトレイン」も組み立てた状態で販売中。
14
そして古書コーナー。
定価700円のものが5000円になっていたり、びっくりするようなお宝もあります。
15
そして最後は地下1階へ。
海外製品とHOゲージ、Zゲージの商品があります。
10
鉄道模型の原点はこのHOゲージ。
Nゲージよりサイズもですが、お値段も……高い!
これはブラスという金属でできていて、すべて手作業で作られているからなんです。
9
年季がはいっていますね~。
HOゲージは基本的に中古品です。これだけの品揃えは秋葉原店のみ!

海外のNゲージ商品やストラクチャーもあります。
6
8
リアルに再現した日本の製品もいいですが、少しアート的な要素を取り入れてみるのも素敵ですね。
マクドナルドは海外製品でしか販売されていません! 思わずパケ買いしたくなりますね。

Nゲージよりも小さいZゲージも置かれています。
7
最近人気なのがこちらの商品。ドイツ「プライザー社」製のミニチュアフィギュア。
小さくてもとても精巧に作られています。
もともとはジオラマ用だったのが最近では美術の作品に使われたり、いろんな場面で見られるようになりました。
11
地下では買取りも行っています。鉄道模型車輌以外にもストラクチャーやレール・鉄道関連本も買い取ってくれます。お持ち込みは地下へどうぞ!

 

まだまだ奥は深いですが、鉄道模型の世界をほんの少し覗けた気がします。
ちょっとでも興味を持ったなら、ぜひ行ってみてくださいね。
そこにはコアなファンの方も、まだ入り口に立ったばかりの人も楽しめる「鉄道」の世界が広がっています!

谷山さん、ご協力ありがとうございました。
4

〔参考(日本型):HOゲージ1/80、Nゲージ1/150、Zゲージ1/220スケール〕

もっと「ポポンデッタ」について知りたい方はコチラから
⇒ http://popondetta.com/index.html (ポポンデッタ)
⇒ http://popondetta.com/akihabara/index.html (秋葉原店)

 

(取材・文 / 荒木みか)

 

このページの上へ