【ニュース】ライオンズカラーの電車が復活!

2010年7月から2013年12月まで、西武鉄道の池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)の路線で運行され、人気を博した『エルトレイン(L-train)』が復活します。

『エルトレイン(L-train)』とは、西武鉄道沿線に本拠地を置く埼玉西武ライオンズのチームカラーであるレジェンド・ブルーのボディと、ライオンズロゴを施した電車です。『エルトレイン(L-train)』により西武鉄道やライオンズは、愛される鉄道・球団として、子どもたちや沿線住民との一体感を高めることに成功しました。

初代の『エルトレイン(L-train)』は2013年12月5日に引退しましたが、沿線住民やファンから復活を望む声が多く、2016年1月17日(日)から二代目が運行されることとなりました。

今回、使用される車両は9000系(9108編成)です。Lトレイン初代同様、各車両の号車表示は野球のボールをモチーフにしたものが踏襲されるとのことです。

9000系と言えば、オリジナルカラーの黄色に加え、京急とのコラボレーションで生まれた『幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)』(9103編成)も有名です。01運が良ければ所沢駅あたりで赤・青・黄色の3色が揃い踏みするかもしれませんね。

このページの上へ