【仙台発・金沢行き】東北・北陸直通新幹線をマニア視点で検証!

みなさんこんにちは。

管理人のぷぅやんです。

現在、東北新幹線と北陸新幹線で直通運転する列車が運行されていないことは、みなさんご存知かと思います。

たとえば仙台から金沢まで新幹線で行きたいと思ったら、東北新幹線で大宮まで行き、大宮で北陸新幹線に乗り換えなくてはなりません。
でもこれってちょっと面倒ですよね。

しかし、そんな面倒がない列車が11月7日(月)限定ですが運行されます。
JR東日本グループのびゅうトラベルサービスが「北陸直通専用新幹線で行く金沢・富山・福井への旅」というツアーを開催するのです。

hokuriku01

http://jr-sendai.com/digi-view/hokuriku20161107/#page=1

これに伴ない、通常、北陸新幹線のみに使用されているE7系を使用して仙台発金沢行きの特別列車が運行されるそうです。

hokuriku04

いやー、面白い。面白いですよ!
なにしろマニア視点で考えると、いろいろなことが想像(妄想?)できるわけです。

まず、撮り鉄的にはE7系が東北新幹線沿線で撮れることがうれしいですね。
E7系は普段、東北新幹線の運用にはつかないので、レアな写真が撮れるでしょう。

さらに私が気になったのはそのダイヤです。

[往路]
仙台10:36頃発→福島10:55頃~11:05頃発→郡山11:10頃~11:20頃発→黒部宇奈月温泉13:50頃~14:00頃着→富山14:00頃~14:10頃着→新高岡14:10頃~14:20頃着→金沢14:30頃着。

[復路]
金沢17:26頃発→新高岡17:40頃~17:50頃発→富山17:45頃~17:55頃発→黒部宇奈月温泉18:00頃~18:10頃発→郡山20:40頃~20:50頃着→福島21:00頃~21:10頃着→仙台21:34頃着

パンフレットに書かれていたのは以上なのですが、ここで疑問が生じます。

1.大宮のスイッチバックはどうするのか?
2.お客さんは自分で座席を回すのか?
3.先行する列車をどこかで抜くor抜かれるのか?

……はい。普通の人にはまったくもって意味不明な疑問でしたね。順番に解説させていただきます。

 

1.大宮のスイッチバックはどうするのか?

hokuriku02

大宮駅北端は注目ポイント!

東北新幹線経由で大宮まで来た列車は、大宮から上越(北陸)新幹線に入るのですが、その場合、スイッチバック(方向転換)しなくてはなりません。
そして大宮駅の上り線ホームに入線した場合はスイッチバックして下り線に渡りながら出発するか、あるいは最初から下り線のホームに入線するしかありません。
いずれにせよ、間に上越新幹線の上り線と東北新幹線の下り線を挟んでいるので、渡り線でそこを横切ることになるのです。
おそらく大宮駅のホーム北端からこの光景は見られると思いますが、普段、あまり使われない線路を通るので、これは必見ですね。

 

2.お客さんは自分で座席を回すのか?

hokuriku05

お客さんは自分で座席を回転させる?

スイッチバックをするということは進行方向が逆になるということです。
しかも大宮は到着時刻と発車時刻が入っていないので、「停車」ではなくドアの開かない「運転停車」のみです。
おそらくお客さんは乗ったままで、外に出ることはできません。
となると、車内清掃も入りませんし、座席を進行方向に向けるのは自動では行なわれず、お客さん自身が行なわねばならないのです。
普段はなかなかない光景ですね。

 

3.先行する列車をどこかで抜くのか?

hokuriku03

E5系はやぶさがE7系を追い越すのか!?

これは非常に気になりますね。
東北新幹線の区間は通常、E7系が走ることはないので、E7系がE5系やE6系を抜いたり抜かれたりする光景はめったに見られません。
これはあくまで書かれているダイヤからの予想なのですが、復路は後続の「はやぶさ105号」に大宮~仙台間のどこかの駅で抜かれるのではないかと思います。
E7系がE5系はやぶさに抜かれる光景――これは一度見てみたいですね。

そんなわけで、乗る・撮るともにレアなケースの「北陸直通専用新幹線」ですが、運行が今から楽しみですね。

 

That’s great news for railroad fans.

On September 30, a special train runs  for Kanazawa from Sendai  using E7 train which is usually used for only the Hokuriku area Shinkansen.

AS you know, when we go to Kanazawa from Sendai we have to change trains at Ōmiya station, but this train goes directly to Kanazawa.It’s very convinient.

And we should realize another point that we can take very rare pictures of E7 with beautiful scenery of Tohoku in the background. Oh wonderful! I hope I could go to Tohoku district on the day, of course for rarity.

 

文・写真/ぷぅやん

《ぷぅやん》

本名=神田勲。当サイトの管理人。幼少期から鉄道好きで、撮り鉄歴40年以上。プロカメラマン・編集者として活動しつつ、中国の現役蒸気機関車を追い続け、作品を
YouTubeやDVDで発表。2016年5月、キャリアの集大成として当サイトを立ち上げた。

このページの上へ