JR東海・次世代新幹線「N700S」のデザインが発表に!

2020年度に投入予定の「N700S」。これは、2007年に運転開始の「N700系」をフルモデルチェンジする、次世代新幹線です。本日、このデザインが発表されました。

先頭車両はN700系をベースに空力性能を上げ、新幹線で初のLEDライトを採用。また「デュアル スプリーム ウィング」形状(両サイドにエッジを立てる)になります。最高速度は同じ(300km/h)ですが、省エネ、安全性、乗り心地の向上を目指します。

JR東海N700S

アウトテリアは白地に青帯の東海道新幹線カラーで、先頭部には「Supreme」を表す「S」のデザイン。インテリアにもLED間接照明を採用。全ての全座席に電源コンセントが設けられます。

JR東海N700S 室内

2018年3月に試験車を完成、2020年度に量産車を走らせる予定。床下機器の小型化により、12両、8両編成も可能に。山陽、九州新幹線や海外での運用も視野に入れているようです。

このページの上へ