【青梅鉄道公園】激レア車両と100円で出会える

「青梅鉄道公園」はご存知でしょうか。
「青梅鉄道公園」はJR青梅線の青梅駅から徒歩でおよそ15分。小高い丘の頂上にあります。

その歴史は古く、1962(昭和37)年に鉄道開業90周年記念事業として旧日本国有鉄道が、貴重な鉄道文化財などの実物の鉄道車両を中心に保存展示公開することを目的として作りました。

現在、この公園の運営は大宮の鉄道博物館と同じ「東日本鉄道文化財団」が行なっています。

「東日本鉄道文化財団」とはJR東日本が作った公益財団法人です。

うれしいのはその入場料の安さです。なんと小学生以上は一律100円。 しかも無料の専用駐車場付きです。

だが入場料100円でも侮らないでください。ここに保存されている車両は恐ろしく貴重なものばかりなのです。
青梅鉄道公園㈰

国民的知名度の蒸気機関車D51の他、C11、8620、9600など鉄道マニアにはおなじみの機関車があります。

とくに注目すべきは鉄道記念物指定となっている110形蒸気機関車です。

なんとこの機関車は1872(明治5)年10月14日、新橋〜横浜間に開業した日本で初めての鉄道に使われた10両のうちの1両です。

大宮の「鉄道博物館」に保存展示してある150形の同僚です。さらにレアな機関車はE10形蒸気機関車です。

電化、ディーゼル化の波で国鉄が最後に新製することとなった機関車ですが、現存するのはここ青梅鉄道公園だけです。

さらに昔懐かしい0系新幹線の実車もあり、運転席に入って機器を操作したり、中に座ってくつろぐこともできます。

青梅鉄道公園㈪

施設の中央にある建物の中にはHOゲージ模型鉄道のジオラマもあり、小さい子にも好評です。

「鉄道博物館」のように派手さや話題性はなく、知名度は低いのですが、鉄道の歴史をしみじみと楽しむには十分です。

一度行ってみることをオススメします。

 

青梅鉄道公園㈫

猫の園長が迎えてくれるぞ!

 

青梅鉄道公園
〒198-0041 東京都青梅市勝沼2-155番地
TEL:0428-22-4678
アクセス:JR青梅駅から徒歩15分
入園料100円(小学生以上)

http://www.ejrcf.or.jp/ome/

このページの上へ