九州新幹線球磨川橋梁で撮り鉄!

どうも! ぷぅやんです!

ここのところ新幹線に凝ってます。

kumagawa04

新幹線って今まであまり本腰を入れて撮ったことってなかったのですが、これが撮り始めてみると、これがなかなか奥が深いんです。

そもそも新幹線って、撮れる場所が極端に限られているんです。

なぜなら基本的に高架線ばかりなので、そこよりもさらに一段高い位置から狙わなくてはいけません。

そして高い防音壁と架線の間を縫うようにしてカメラを向けるのです。

さらに光線状態も良くなくてはいけません。

そんな条件をすべてクリアするとなると、場所は本当に限られます。

もちろん東京駅や大宮などのターミナル駅や、途中の通過駅で撮る「お手軽撮影」もありますが、撮り鉄の美学として何だかそういうのって、安直すぎて手を抜いている気がするんです。

そんなわけで今回、行ってきたのは九州新幹線の球磨川橋梁です。

kumagawa05

各種の雑誌や撮影地ガイドでも有名な場所なので、私も比較的安易に考えていました。

ところが!

そこにいきつくまでの行程はとんでもないものだったのであります。

手すりはあるものの、とんでもない急斜面。

kumagawa01

足場の悪さは危険極まりない。

kumagawa02

間違っても子ども連れで行くような場所ではありません。

詳細は『鉄道王動画チャンネル』でお楽しみください!

 

【鉄道王動画チャンネル】

 

文・写真/ぷぅやん

《ぷぅやん》
本名=神田勲。当サイトの管理人。幼少期から鉄道好きで、撮り鉄歴40年以上。プロカメラマン・編集者として活動しつつ、中国の現役蒸気機関車を追い続け、作品を YouTubeやDVDで発表。2016年5月、キャリアの集大成として当サイトを立ち上げた。

このページの上へ