【懐かし玉電】思い出が詰まったおみやげを!

玉川線(たまがわせん)は、渋谷駅と二子玉川園駅(現在の二子玉川駅)を結んでいた東急の路面電車です。
玉川電車は、世田谷の人々にとって日常生活の交通手段として、そして東京市内から郊外へくり出す郊外電車として愛されてきました。

昭和44年に三軒茶屋~下高井戸間(現:世田谷線)を除いて、廃止されましたが、現在も玉電ファンは根強く存在しています!

そんな玉電ファン必見のおみやげを「世田谷みやげ」の中からご紹介します。

 

【玉電ドロップス】
tamaden miyage1

 玉電時代にロマンを感じる人達の声に推され誕生した「たま電ドロップス」。
片面に旧車輛、もう一方に新車輛の写真とカラカラ音をたてるレトロな缶のコラボが、懐かしさを倍増させます。 (1缶:324円)

 

【たまでん羊羹】

tamaden miyage2

車両をかたどった小箱は、抹茶(80形)・粒(200形)・練(300系)の3種あり、喉ごし良くすっきりした甘さです。小箱は繋いで遊べ、子どもはもちろん当時を知る人にも懐かしく喜ばれる商品です。
(1種:216円 3種セット:648円 化粧箱入り:1,296円)

 

ポンっとドロップを一口ほおばって玉電のおもかげを思い出してみてはいかがでしょうか。

文:荒木みか

 

『世田谷みやげ』とは
「もらってうれしい世田谷みやげ」をテーマに2006年に誕生し、今年で10周年を迎える。
世田谷にゆかりのある地域への愛情がこもった魅力的な商品を取りそろえる。

贈る人にも貰う人にも小さな幸せがおとずれますように……

                世田谷を添えて、大切な人へ……

 

詳しくはこちらから
http://www.setagaya-icl.or.jp/miyage/index.html

 

このページの上へ