~JR東日本「のもの」アワード2017授賞式~

2017年6月5日、ステーションコンファレンス万世橋3Fにて『~JR東日本「のもの」アワード2017授賞式~』が行なわれました。

これはJR東日本が2009年から推進してきた「地域再発見プロジェクト」の一環である「のもの事業」の中から、生産者や加工者等を対象に、モノづくりやコトづくりの優れた取り組みに対して表彰するものです。

「のもの」とは聞きなれない言葉ですが、「旬のもの」「地のもの」「緑のもの」などの地産品の魅力を紹介するプロジェクトの名称で、「~のもの」というところから由来しています。

現在、JR東日本では「のもの」として管内の上野駅、秋葉原駅に店舗を、上野駅、池袋駅、品川駅などに店舗やレストランなどを展開しています。

nomono04

のもの秋葉原店

今回はそのプロジェクトの一環として、行なわれる記念すべき第一回として入賞7件(うち大賞3件)が選出されました。

nomono06

受賞者と審査員のみなさん

■JR東日本「のもの」アワード2017 受賞者一覧

〇大賞3件

青森県農村工業農業協同組合連合会
「青森りんごシリーズ」
nomono01

株式会社岡昇、黒羽果樹園、他
「おやつTIMES『福島のセミドライもも』」
nomono02

有限会社アグリードなるせ、株式会社菓匠三全
「仙台きなこシリーズ」
nomono03

○入賞4件
会津若松市、有限会社ドットネット、他
「会津フェア」

甲州天空かぼちゃ生産組合、NPO法人アルプスファームフィールドトリップ、山梨県立産業技術短期大学校、他
「甲州天空かぼちゃプロジェクト」

有限会社斉藤農園、有限会社あづみ野食品、松本大学、他
「信州アルクマそばシリーズ」

地元農家、尾畑酒造株式会社
「純米吟醸 佐渡千年の杉」

このページの上へ